English
MENU

一般演題募集要項

1. 応募資格

公益社団法人日本麻酔科学会会員、非会員に関わらず全ての方に応募いただけます。発表は査読により会長が許可した者とし、筆頭演者は当日学術集会に参加登録のうえ、発表ください。

学術集会開催会場における感染対策として、下記に該当する方はご来場をお控えいただくこととなります。必要に応じて運営事務局より詳細の確認を行うこともございますので予めご了承ください。

  • 37.5度以上の発熱、咳、咽頭痛、倦怠感、呼吸困難がある場合
  • 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者であることが判明した場合
  • 過去14日以内に感染が継続拡大している国・地域への訪問歴がある場合
  • 過去14日以内に入国制限等のある国・地域からの渡航者・在住者との濃厚接触がある場合

※必ずマスクをご着用のうえ、ご来場ください。

※非会員の発表について
演題投稿後に学会会員となられた場合は各種認定制度における単位取得対象となりませんので予めご了承ください。
会員として発表を希望される方は2021年11月10日(水)までに入会申込を完了してください。入会手続きの詳細をご覧ください。

2. 演題募集期間

開始:2021年11月1日(月)正午
終了:2021年12月1日(水)正午

※締め切り直前はアクセスが集中し、投稿手続きに時間を要する可能性がございますので、期日に余裕をもって投稿ください。

※演題募集期間中(11月1日(月)正午~12月1日(水)正午まで)は投稿した演題を変更・修正することは可能です。ただし、締め切り以降は抄録内容・演題タイトル・共同演者情報等一切の変更ができません。共同演者の登録漏れや登録間違い等がないようにご注意ください。

3. 発表形式  ※一般演題は神戸会場で発表を予定しています。WEB発表はありません。

発表形式は以下の3種類となります。各演題の発表形式は学術集会実行委員会、学術委員会で決定し、2022年2月上旬(予定)に通知いたします。

  • 優秀演題(発表10分、討論5分)
    指定する場所にポスターを掲示し、講演会場でスライドによる発表を行っていただきます(スライド枚数制限無し)。
    優秀演題に選ばれた演題は会期終了後3ヶ月間、当会年次学術集会ウェブサイトに発表スライドデータを公開いたします。
  • ポスターディスカッション(発表7分、討論5分)
    掲示したポスター前で発表および討論を行っていただきます。 ポスター発表より発表・討論時間を長く、かつコメンテータを配置し、ディスカッションを充実させた発表形式です。
  • ポスター(発表5分、討論3分)
    内容をポスターで掲示し、ポスター前で発表していただきます。ご自身の電子端末等を発表の補助として用いてもかまいません。

※発表形式は採否判定時に判断します。

4. 演題応募方法

演題はすべてWEBシステムより投稿いただきます。投稿前に必ず募集要項の記載事項をご確認ください。締め切り直前はアクセスが集中し、投稿手続きに時間を要する可能性がございますので、期日に余裕をもって投稿ください。
利用者の端末状況、通信環境が原因で演題投稿が完了しなかった場合、運営事務局で一切責任を負いませんので、予めご了承ください。

※演題投稿用ホームページは、推奨ブラウザ以外では正しくご利用できない場合があります。必要に応じてインストール、またはバージョンアップを実施の上でご利用ください。なお、スマートフォン、タブレット端末には対応しておりません。

【推奨ブラウザとバージョン】

  • Microsoft Edge 新版
  • Firefox 新版
  • Safari 新版
  • Chrome 新版

また、本サービスは Cookie ならびに JavaScript を利用しています。ご利用のブラウザの設定で、Cookie ならびに JavaScript を有効にしてご利用ください。

※以下に記載する規定遵守事項、倫理的事項について適切な理解、申請がなされていない場合、演題内容の如何を問わず不採択となりますのでご留意ください。

5. 利益相反開示について

演題投稿に際し、筆頭演者及び共同演者の利益相反の有無をご登録いただきます。演題応募日を基準として過去3年間について開示をしてください。詳細は下記参照。

6. 各種規定等遵守について

演題内容および以下の各種規定等遵守について、全ての共同演者が内容を確認・理解していることを投稿条件とします。

  • 「プライバシー保護ガイドライン」、「ヘルシンキ宣言」、「倫理綱領」などの倫理的問題について演者の責任で遵守解決の上、応募してください。
  • 人を対象とした前向き介入臨床研究については、所定の事前登録を発表者の義務といたします。詳細はこちらをご確認ください。
  • 演題は、募集締め切り日時点で未公表のものに限ります。未公表とは、次の両方を満たしている場合とします。
    1. 論文が雑誌で出版されていない。(雑誌掲載前のオンライン上で論文が掲示されている場合も含む。)
    2. 国内外の学術集会および ISDN 付き出版物において未発表である。(抄録集のような形で、研究内容の照合が可能な学会発表がされていない場合は未発表とします。発表の対象には電子媒体を含みます。)

    ※一部の研究内容を含む、あるいは検討症例数が異なるなどは同一の研究とはしません。また、シンポジウムなどで既に発表済みの研究成果を発表することも可とします。

    ※二重発表であっても研究内容を周知、討論する意味において、本会で発表する価値があると考える場合は、抄録中に二重発表であることを明記(申告)の上、登録することを許可します。明記(申告)なく二重発表を行っている事実が判明した場合は違反発表とみなしますのでご注意ください。

    ※投稿締め切り後から学術集会開催日までに、投稿演題が論文発表または雑誌等で出版された場合は、ポスターに投稿締切後に発表・出版された旨を明示することを条件に発表を認めます。

7. 研究毎に必要とされる倫理的事項

対象研究毎に必要とされる倫理的事項について、以下を参照し、適切な処理を完了していることを確認することとします。申請内容と抄録内容に相違がある場合は虚偽申請とみなし、不採択とします。

  • 人を対象とする研究

    2021年6月30日より「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」の運用が開始されました。これ以降に開始した研究では、遵守が求められます。詳しくはこちらをご覧ください。
    特に下記2点についてご留意ください。
    (*)研究開始前の倫理委員会審査においては、厚生労働省のサイト 「倫理審査委員会報告システム」に登録された倫理委員会での審査を受ける必要があります。
    (**)研究開始前の事前登録は下記3サイトのいずれかに行われる必要があります。前向き介入研究では必須となっています。

    jRCT(Japan Registry of Clinical Trials)

    大学病院医療情報ネットワーク研究センター 臨床試験登録システム(UMIN-CTR)

    国立保健医療科学院のホームページ

    なお、旧指針に基づいて開始された研究では、今までどおり旧指針が適用されます。

    1. 前向き研究(介入研究)
      研究開始前の倫理委員会承認(*)
      対象患者(小児であれば両親など)からの研究参加同意書
      研究開始前の所定の事前登録 (**)(グループ間比較をする研究、あるいは介入がある研究)
    2. 前向き研究(観察研究)
      研究開始前の倫理委員会承認(*)
      対象患者(小児であれば両親など)からの研究参加同意書またはオプトアウト手続き(倫理委員会の審査結果に従う)
    3. 後ろ向き研究
      研究開始前の倫理委員会承認(*)
      例)i-gel を用いて全身麻酔を管理した際の呼吸器合併症の比較検討:後ろ向き研究

      ※2019年4月より、後ろ向き研究を発表する場合、どのような研究課題を発表し、被験者がその研究課題から不参加を表明できる機会を与えることが義務づけられています。具体的には、施設の広報 HP 等で研究内容を公開するなどです。

    4. 症例報告
      患者(小児であれば両親など)からの発表における同意(本学会は文書での同意を推奨)

      ※介入していないことを理由に、詳細な検討を加えたものを症例報告とすることはできません。

    5. 個人情報の保護
      上記 1)~4)全てに共通しますが、個人情報保護法ならびに外科関連学会プライバシー保護ガイドラインに準拠し、個人が特定できない配慮が必要です。
  • 動物を対象とした研究
    研究開始前の倫理委員会承認(*)

8. 査読基準

症例報告は、稀な疾患あるいは困難な病態に対する新しい医療上の挑戦的視点、ならびに教育的視点のあるもののみ採用いたします。査読は学術集会運営細則・年次学術集会の演題採否等に関する申し合わせに則り、以下の点を重視して行います。

【基礎研究および臨床研究】

  • 新規性を有する
  • 学術的意義を有する
  • 科学的に論理が構成されている
  • 実験数と統計処理が適切である
  • 倫理的に適切である

【症例報告】

  • 高度の新奇性を有する
  • 高い教育効果を有する
  • 科学的に論理が構成されている
  • 倫理的に適切である

※少ない症例での報告は、特に厳密に 4条件を満たすものに限る。

9. 演題投稿時に必要となる情報

  1. 研究カテゴリの選択(研究カテゴリ一覧については、以下からご確認ください)
  2. 演題タイトル(日本語100文字、英語200文字characters 以内)
  3. 共同演者情報(5名まで(筆頭演者を含め6名))
  4. 本文(800文字以内、英語1600 characters 以内)

    ※入力規則に関する注意事項はシステム内の記載を確認ください。

    ※基礎研究及び臨床研究に関しては、原則として、抄録本文中に対象数、結果の数値、統計処理方法を記載してください。

    ※公正な査読を実現するため、抄録本文やタイトルには施設名を入れず、「当施設」といった記載とする

  5. 画像(任意) ※奨励画像サイズは 560px × 420px
  6. 利益相反の開示(共同演者がいる場合、共同演者の情報も必要)

10. 演題投稿時の注意事項

項番「5」、「6」、「7」については熟読し、不明点は共同演者や関係者等に確認ください。演題投稿期間内は投稿画面より確認・編集は可能です。
虚偽申請、不正なオーサーシップが認められた際、ケアレスミスであっても重大な懲罰問題として取り扱います。その場合、所定期間演題投稿が出来なくなりますので十分にご注意ください。

11. 採否結果

ご応募いただきました演題の採否結果は2022年2月初旬(予定)にメールにて通知させていただきます。

12. 発表単位

一般演題における筆頭演者、共同演者への付与単位は、申請資格毎に異なりますので、各申請要項(ホームページ内「各種認定情報・資格申請」)をご確認ください。
筆頭演者としての発表単位は、演題投稿時に筆頭演者となった方に付与されます。発表単位は演題投稿時の筆頭演者、第2筆頭演者の情報を基に付与されます。やむを得ない事情により、筆頭演者以外の共同演者が発表した場合も、発表単位の付与対象は変わりません。
ただし、筆頭演者あるいは、共同演者以外の他者が発表した場合、発表が行われなかった場合は発表単位の付与はございません。
優秀演題セッションにおいては共同演者の発表は可能ですが、その場合、最優秀演題の選考対象外となります。

【注意】

※演題投稿に際して、会員の方は会員番号を間違いなく入力してください。会員番号を誤ると採択、発表実施となっても発表単位が付与されません。締め切り後は変更できず、発表後も対応できませんので、十分ご確認の上入力ください。共同演者が会員の場合も同様です。

※非会員は演題投稿前にアカウント作成が必要です。アカウント登録後、登録ください。

※締切後から開催までの期間、抄録は投稿画面から確認が出来ますが、投稿期間以降の修正は一切認められません。

13. 演題投稿

演題は一般・指名ともに、下記ボタンよりご投稿ください。

プラチナスポンサー企業
ゴールドスポンサー企業
学術集会に関するお問い合わせ
〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町1-5-2 神戸キメックセンタービル3階
公益社団法人日本麻酔科学会事務局
TEL:078-306-5945 / FAX:078-306-5946 / お問合せフォームはこちら